ヒトの血管は、心臓から大動脈(冠動脈)が出て、その大動脈から次々と枝分かれして、全身の隅々に張り巡らされています。太い動脈と末端の毛細血管の長さを総合計すると10万km、地球の2周半にも及ぶというから驚きです。太い動脈と太い静脈の長さは全体の7%、毛細血管の長さは全体の93%です。

血管内を流れる物質は、「赤血球」「白血球」「血小板」「血漿」その他です。この中で赤血球(血液)の役割が最も大きいでしょう。赤血球は全身にすべての栄養素と酸素を運び、体温を調節するからです。

赤血球は全身に流れています。冠動脈から出発して最後に真毛細血管に流れていき、全身の組織に入っていきます。そこで、すべての栄養素と酸素、温度を供給し、空になった段階で、今度は各組織から毒素的物質と二酸化炭素を貰い、全身から合流して心臓に戻る訳です。いわば、生命活動に最も必要なことをしています。


人間の体には体重の8%、体重60kgの人なら約5Lの血液があります。この血液が全身に循環することで、私達の生命は維持されているのです。真毛細血管から各組織に栄養と酸素がわたされ、組織はそれぞれ機能出来るようになります。

もっとも細い支流の真毛細血管は4~5ミクロン(1ミクロン=1/100万ミリ)の血管です。赤血球のそれは直径7.5ミクロンで、直径は真毛細血管よりも大きい。けれども、赤血球は球体ではなく、それ故自身より小さい真毛細血管にも入っていくことが出来ます。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク




カテゴリー

『カイテキオリゴ』

癌が自然に治る生き方

  1. 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低…
  2. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  3. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  4. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  5. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、…
ページ上部へ戻る