砂糖中毒・依存症による恐怖の体験談 “シュガーブルース”

■砂糖中毒・依存症の怖さ

男性にもいますが、女性の方はショートケーキやクリームパッフェ、あんみつなど大変あま~い甘味類に目のない方は大半ではないでしょうか?

大量に摂取される砂糖の70%は、清涼飲料水やお菓子、加工食品に含まれる隠れた砂糖です。コーラ、ジュース、缶コーヒー、チョコレート、ケーキ、菓子パン、アイスクリーム、ケチャップ、ドレッシング、調理済みのお惣菜には多量の砂糖が含まれています。

砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。研究により動物実験で、砂糖に麻薬なみの依存性があることが明らかになってきました。砂糖は『現代の魔薬』なのです。

お菓子メーカー・清涼飲料水がスポンサーとなっているTV番組をよく見かけます。幾ら正義ぶっていても彼らマスコミは営利企業です。だからマスコミから砂糖中毒の怖さが公にされることはまずありません。

たまに大変あま~い甘味類を摂る分には良いでしょう。砂糖も調味料として適量使う分には差し支えないでしょう。砂糖の刺激的な甘さの虜になり砂糖中毒・砂糖依存症に陥ってしまうのは、考えものです。マスコミが伝えようとしない砂糖摂り過ぎによる様々な弊害ついて、食養生関係の書籍やネットから情報をまとめてみました。

【砂糖中毒の怖さを実感させる逸話 “シュガーブルース”】

「シュガーブルース」という著書は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた書籍です。

彼は砂糖中毒を克服した後は、自然食主義の草分け的存在である女優グロリア・スワンソンと結婚しジャーナリズム活動を展開し、特に砂糖の持つ毒性を広く世界に訴え続けています。

ダフティは小さい頃から甘いものが大好きで、八歳の時から砂糖水の虜となってしまいました。それ以来、甘い清涼飲料水などによる砂糖中毒・依存症にかかり、どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、大変な説得力があります。

彼は思春期に物凄いニキビが顔や背中に出て悩まされ、自分ではらい病かと思うほどでした。大学に入ってから初めてコカ・コーラを知りましたが、砂糖中毒は更にひどくなり、体の調子は絶えず悪く、とうとう大学を中退してしまいました。

第二次世界大戦で徴兵された時は、酒場で砂糖入りコーヒー、チョコレート、コカ・コーラ、パイ、キャンディ、麦芽乳ばかりを口にしていました。

その頃から彼は、ひどい痔に悩まされ始めました。彼は、もう少しで死ぬような肺炎にかかり、長期間の入院生活後アメリカに帰りますが、また、大量の砂糖まみれ食生活に溺れました。

ダフティは慢性の偏頭痛となり、その頃与えられた病名は伝染性単核白血球増加症、仮性マラリア、肝炎、帯状疱疹、皮膚炎、伝染性耳炎、痔等でした。

耐えかねて病院で検査をしてみると、脳腫瘍なし、がんなし、異状なしと言われるだけで何も良くならなく、精神は荒廃し、正にもうダメではないかと思われる程でした。

そんな時、ダフティはある友人から食餌療法を勧められ、特に砂糖が「アヘンより致命的で放射能の死の灰よりも危険な毒である」ことを知りました。それはマクロビオティックの創設者の日本人、桜沢如一の書物によってでした。

それからは食生活を根本的に変え、完全穀物と野菜しか食べなくなったのです。ダフティは激しい禁断症状を乗り越え、短期間で驚くほどに健康を回復しました。

その劇的な様子は…

「続く数日間は驚きの連続だった。痔は出血しなくなり、歯茎の出血も止まった。肌の艶も良くなり始め、体を洗うと以前とは見違える肌合いとなった。

水脹れの肉の下に隠れていた腕と足の骨も存在を主張し始めた。早朝にベッドを抜け出すこともできた。こんなことは滅多になかったことだ。

頭も再び回転しているようだったし、もう問題は何もなかった。シャツはダブダブになり、靴もブカブカになった。

そしてある朝、顔をあたっていると、顎骨を発見した。この幸福な物語を一言で表現すると、五ヶ月の間に、私の体重は約93kgから約61kgに減り、 私の肉体と頭は生まれ変わり、私の生活は全く新しいものになった。」

もしダフティが砂糖中毒を克服できなかったら、肉体的のみならず、精神的にも破滅していたでしょう。砂糖は現代の魔薬です。砂糖は単に体だけをダメにするだけでなく、頭を、精神を、心もだめにするのです。

 (つづく)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク




カテゴリー

『カイテキオリゴ』

癌が自然に治る生き方

  1. 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低…
  2. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  3. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  4. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  5. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、…
ページ上部へ戻る