生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。スティック野菜に付けて食べるか、冷や味噌汁(またはぬるま湯味噌汁)にして飲んだりすると良いでしょう。

味噌にも様々なものがありますが、私が特に評価しているのは岡田発酵工房の味噌です。安政2年(1,856年)に作られた味噌蔵の菌を今も使っているのです。「重要無形文化財」に指定されているため、通常は年に1度行われる保健所の監査も免除されています。

この鍛え抜かれた菌の味噌は最高のプロバイオティクスなのです。発酵菌が胃で死なずに腸へ行き、腸の中で善玉菌として大繁殖します。この160年生き続けた菌を使って、2~3年しっかり発酵させた味噌はいつまで経ってもカビが発生しません。味噌にある乳酸菌がいかに強い菌であるかを物語っています。そして、その旨さは、”究極の味味噌”です。このような良い味噌はドレッシングにも最高です。


a. ぬるま湯味噌汁の作り方

(1) 生味噌を用意
(2) 切った野菜を鍋に入れ、ぐつぐつ煮る
(3) (2)が煮えたら氷を入れ、75℃になったら(1)の味噌を入れて溶く

生味噌の発行を何として生かしたいので、この作り方となる。

b. ドレッシングの作り方

(1) よい味噌(生味噌)
(2) フラックス油またはエゴマ油
(3) 黒酢またはもろみ酢

(1)~(3)を混ぜ合わせる。夫々の量は適宜好みで。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

癌が自然に治る生き方

  1. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  2. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  3. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  4. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…
  5. 3. 決断、2週間のファスティング(断食)

    ファスティング(断食)は「究極の毒出し・デットクス」で、休まず働いてくれた内臓に休養を与え、リフレッ…

ピックアップ記事

  1. 赤血球のルローをほどく方法は、1. プロテアーゼサプリをとる 2. スカベンジャー(活性酸素を退治す…
  2. ヒトは血流の悪さから老いていく。微小循環が特に悪くなったところにガンや難病やらが生じる。肺ガンの人も…
  3. 毛細血管スコープ血管美人で毛細血管の血液の流れ方、毛細血管の血液の流れ方を観察することが出来る。微小…
  4. 赤血球がルローやアキャンソサイトの状態では、組織に栄養と酸素が行かなくなる。そこで生じるのが「症状(…
  5. 赤血球は肺で受け取った酸素やタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、酵素を全身…
ページ上部へ戻る