薬(西洋薬)が体に毒である理由②|抗ガン剤は何故副作用が強いのか

西洋薬は構造式がピュア(これ以上分解できない形)であり、それが体に入ると異物となり、体内に悪い反応(副作用)が強く出ます。体のある部位だけは薬剤効果によって一旦よくなるかも知れませんが、全身的には飲み続けていくうちにドンドン悪くなるのが普通です。

そういった特徴を持つ薬の中で最も性質(タチ)が悪く副作用が強いのが「抗ガン剤」です。抗ガン剤は副作用のみならず恐ろしい余病が出てくるから本当に怖いものなのです。

ガンで死なずに「抗ガン剤で死んだ」ケースの方が多いくらいです。抗ガン剤による副作用には次のようなものがあります。

■抗ガン剤による副作用

・腎不全
・肺炎
・再生不良性貧血
・胃腸病
・新しいガン
・脳卒中
・心不全
・多臓器不全


こういった病気のどれかあるいは複数が出現します。ガン細胞の多くは死ぬかも知れませんが、決して全滅する訳ではありません。生き残ったガン細胞はADG(アンチ・ドラック・ジーン)といって、耐性を持ち、強くなって大繁殖し、却って人体に悪さをします。その結果、体の細胞は急速に侵され破壊されていきます。

また、余病の前に出現する副作用は強烈です。顔は土気色になり、髪は抜け落ち、爪は脆くなり、胃腸はとことんやられ下痢と便秘を繰り返し、歩行も出来ないくらいの状態となり、もの凄く老化します。こんな恐ろしい副作用の後に余病(新しい病気)が出てくるから患者は本当にたまりません。こんなひどい毒物を使った治療などやらない方がよいのです。

そもそも抗ガン剤の大元は毒ガス(神経ガス)です。このガスを吸い込むと細胞の機能が失われ、全身が麻痺して死に至るのです。したがって、抗ガン剤を使えば、ガン細胞も死ぬが正常細胞も死んでしまいます。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク




カテゴリー

カイテキオリゴ

癌が自然に治る生き方

  1. 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低…
  2. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  3. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  4. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  5. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、…
ページ上部へ戻る