薬(西洋薬)が体に毒である理由⑤|アメリカ人の最近の死因と薬の恐ろしさ

薬がどんな種類のものであっても、実は人間には大変怖ろしい物質だということを認識している人は少ないでしょう。短期間ならまだしも、長期の服用は大変なことになるのですが、そのことはアメリカ人の死因が如実に物語っています。

下記の表で分かるのは、アメリカ人の死因の第3位が「医療」となっていることです。これはパロディではありません。「医療ミス」での死が第3位なのです。これは驚きです。

25年間ずっとこの有り様だそうです。しかも「少なく見積もって」という但し書きがあります(訴えない場合には数字として計上されないので)。

さらなる驚きは、その医療ミスの中で最も多く死んでいるのが「薬の投与」によってであり、しかも常用量での死が最も多いことです。要は、薬はどんなものでもいかに恐ろしいものであるかということが非常によく分かります。

『医者を見限る勇気』(ヴァーノン・コールマン著)という本があります。著者のコールマン医師は同著で次のように述べています。

「薬でもの凄い数の人がなくなっている。ヘロインやコカインではなく普通の薬で死ぬ人の方が遥かに多い。医者が市民の健康を脅かす可能性は、今ではビックリするほど高い」

まさにその通りかも知れません。「薬」と「毒」は表裏なのです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

癌が自然に治る生き方

  1. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  2. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  3. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  4. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…
  5. 3. 決断、2週間のファスティング(断食)

    ファスティング(断食)は「究極の毒出し・デットクス」で、休まず働いてくれた内臓に休養を与え、リフレッ…

ピックアップ記事

  1. 赤血球のルローをほどく方法は、1. プロテアーゼサプリをとる 2. スカベンジャー(活性酸素を退治す…
  2. ヒトは血流の悪さから老いていく。微小循環が特に悪くなったところにガンや難病やらが生じる。肺ガンの人も…
  3. 毛細血管スコープ血管美人で毛細血管の血液の流れ方、毛細血管の血液の流れ方を観察することが出来る。微小…
  4. 赤血球がルローやアキャンソサイトの状態では、組織に栄養と酸素が行かなくなる。そこで生じるのが「症状(…
  5. 赤血球は肺で受け取った酸素やタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、酵素を全身…
ページ上部へ戻る