デジタル医療ではアナログの人間に対処できない

西洋医療の最大の特徴は、人間をロボットのように考え、部品交換のごとく部品(パーツ)を修理する医療であるということです。

例えば、白内障になれば水晶体を落として見えるようにしたり、狭心症になればバイパス手術をするか冠動脈拡張剤を投与するとかカテーテルでステントを入れたり、不整脈が出たらアブレーションを行い、正常化したりして部品修理を行って治療します。

このような西洋医療の治療法は、部品交換や取り換えで良くなる場合もあるので、それはそれで価値があります。特に救急に強いのはこのやり方だからです。つまり西洋医療の特徴は、デジタル医療(ロボット医療)であり、「対症療法」「対処療法」なのです。


① 人間の体はアナログに出来ている

これに対して人間の体はアナログに出来ています。食物を食べ、胃や腸で消化された栄養素を腸壁から吸収し、一度肝臓に蓄えた後に血球に取り込み、全身に運び、あらゆる代謝をして生きています。

有機的でアナログ的な生き物なのです。決して部品の寄せ集めではありません。「食べた物が血となり肉となる」という言葉がありますが、まさにその通りです。食物 → 胃 → 腸 → 肝臓 → 血液 → 組織 というように、生理的順番に出来上がった存在が肉体なのです。この根本的な生命活動のサイクルをよくせず、慢性病は治るはずはないと考えるのは当然ではないでしょうか?

② 慢性病を治せない西洋医療

西洋医療が慢性病の治療にからきし弱いのは、アナログの人間に対処できないという特徴がある故にです。

どんな病気でもその病気を生み出す原因があって生じています。ところが、目先治療の西洋医療でやると、大元の原因はそのままの為、いくら修理してもまた新たに症状が出現したり、却って悪化したりします。結果(出現した症状)をどうこうする医療なのです。これでは慢性的な病気は治りません。

シロアリが食って崩れた壁をいくら修理しても、土台に巣食うシロアリを退治しないと元の木阿弥で、やがて再びシロアリの攻撃が起こります。根本から解決しなくては何にもなりません。西洋医療は、これまで述べたことから、その要点は次のように導き出されます。

■西洋医療の長所

・検査や分析に優れている
・救急疾患に強い
・急性病にも比較的強い
・薬漬け医療である
・部品修理に強く、必要な場合威力を発揮する
・清掃区域がしっかりしていて、殺菌した場を作っている(殺菌に気をつかう)
・病名診断は得意
・対症療法に強い

■西洋医療の短所

・慢性病に弱い
・西洋薬は長く飲み続けると、むしろ毒となって病気は悪化する
・副作用が必ず出現する
・手術は必要な場合もあるが、欠点も多い
・放射線など物理的化学療法も欠点は多い
・薬漬けで必ず致命的な余病(新たな病気)を発症する
・ガンの三大医療では寿命が短縮する
・西洋薬そのもので寿命は短縮する

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサード・リンク




カテゴリー

『カイテキオリゴ』

癌が自然に治る生き方

  1. 砂糖中毒・依存症は深刻|砂糖の過食で起こる可能性のある疾患

    砂糖の過食には強酸性として害と極陰性としての害あり、砂糖の過食で起こる可能性のある疾患は、糖尿病・低…
  2. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  3. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  4. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  5. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…

ピックアップ記事

  1. 砂糖中毒・砂糖依存症の弊害は低血糖症や骨粗鬆症、女性性の劣化に止まりません。胃腸内で真菌が増殖し、胃…
  2. 砂糖も腸壁を膨張させ、透過性を高めてアレルゲン物質を血液中に引き込みやすくする。腸管の透過性が増大し…
  3. 砂糖中毒・砂糖依存症の大きな弊害の一つに骨粗鬆症がある。血液は酸性サイドに傾くと細菌・ウィルスの繁殖…
  4. 低血糖症によって細胞へのブドウ糖の供給が不足し、脳と体のエネルギーショック状態が引き起こされる。低血…
  5. 砂糖中毒・砂糖依存症による弊害は深刻です。女性性が非常に劣化します。 母胎への弊害として、① 子宮、…
ページ上部へ戻る