過去の記事一覧

スポンサード・リンク




ガン三大標準治療の恐るべき実態

  1. 対症療法、対処療法主体の西洋医療は目先治療である。大元の原因はそのままの為、いくら症状を抑え修理して…
  2. 薬がどんな種類のものであっても、実は人間には大変怖ろしい物質だということを認識している人は少ないでし…
  3. 抗ガン剤も怖いし抗生物質も怖いけれど、致命的になるのはステロイド剤の多用。ステロイド剤を多用し続ける…

体に優しい鶴見式免役強化療法

  1. 食べ物が含む多種多様な栄養素にそれぞれの役割がある

    8種類のアミノ酸(タンパク質の材料)、20種類のビタミン、18種類のミネラル、食物繊維、ファイトケミ…
  2. アレルギーや難病の急増は腸のほころびが原因

    腸こそが、病気退治、ガン治しの根本だが、実は、その大事なはずの腸の病気が激増中。慢性の腸疾患が急増し…
  3. さらに治療効果を高める低放射線ホルミシスの応用

    放射線はごく低線量(微量)であれば、決して毒ではなく、却って生命力を高めてくれる。低放射線が体内で分…

スポンサード・リンク




癌が自然に治る生き方

  1. 生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

    味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。酵素の力を生かすには、加熱し過ぎないこと。スティッ…
  2. 生味噌は血圧を下げる

    生味噌に含まれるメラノイジンにはACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害作用があり、難消化繊維としての…
  3. 味噌の有効成分とガン予防効果

    生味噌には、アミノ酸、イソフラボン(アグリコン)、セリルトリプトファン(ペプチド)、メラノイジン、α…
  4. 4. 大腸ガン再発防止、ファスティング(断食)日記

    大腸ガン再発防止の為に、梅干しと水(正確にはスギナなどの薬茶)で1W本断食をした。隠れガン細胞も相当…
  5. 3. 決断、2週間のファスティング(断食)

    ファスティング(断食)は「究極の毒出し・デットクス」で、休まず働いてくれた内臓に休養を与え、リフレッ…

ピックアップ記事

  1. 赤血球のルローをほどく方法は、1. プロテアーゼサプリをとる 2. スカベンジャー(活性酸素を退治す…
  2. ヒトは血流の悪さから老いていく。微小循環が特に悪くなったところにガンや難病やらが生じる。肺ガンの人も…
  3. 毛細血管スコープ血管美人で毛細血管の血液の流れ方、毛細血管の血液の流れ方を観察することが出来る。微小…
  4. 赤血球がルローやアキャンソサイトの状態では、組織に栄養と酸素が行かなくなる。そこで生じるのが「症状(…
  5. 赤血球は肺で受け取った酸素やタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、酵素を全身…
ページ上部へ戻る